仙台で包茎手術を受けたい
包茎手術なら仙台中央クリニック / 022-724-1501 / 完全予約制 個室対応 09:30~20:00

糖尿病性包茎の手術

糖尿病性包茎に対する包茎手術は
仙台中央クリニックへ

糖尿病性包茎とは

糖尿病は、血糖が上昇することにより、通常は排泄されることがない糖分が尿に排泄される病気です。血糖が高くなることにより感染症にかかりやすくなり、陰部にも炎症を合併し易くなります。通常ではすぐに治る炎症が長期に及んだり、治らなかったりするために、痛みを伴い日常生活に支障をきたします。

糖尿病性包茎の症状

糖尿病性包茎は、包皮の先端部である包皮孔に炎症を起こし、亀裂が生じます。包皮炎を治すために、軟膏処方されますが、一時的に包皮の状態が改善されても、炎症を繰り返し、徐々に治り難くなります。糖尿病性包皮炎が長期化すると、包皮の表面に亀裂ができ、排尿時にその亀裂に尿がしみて苦痛に感じるようになります。包皮の亀裂が広がり勃起するだけで包皮の亀裂から出血するようになることもあります。包皮は柔軟性を失い硬化して、剥くこともできなくなります。

糖尿病性包茎の治療

糖尿病性包茎が進行すると包皮内を洗浄することが困難になり、事態はさらに深刻化します。亀裂がひどくなり軟膏が効かなくなります。そのような場合は外科的治療をするしかありません。炎症や亀裂を起こした部位の包皮を広く切除しなければなりません。炎症や亀裂を起こした包皮を切除することで、炎症は収まり、排尿時の痛みが緩和されます。

糖尿病性包茎治療の問題

糖尿病性包茎に対する包茎手術は難易度が高く、治療を引き受けてくれる医師が少ないことが大きな問題です。引き受けてくれる医師を探して、何軒もクリニックに問い合わせをする方もいらっしゃいます。

糖尿病性包茎の治療のリスクやデメリット

  • 内出血を認めることがあります。
  • 血腫を生じることがあります。
  • 陰茎や亀頭の知覚障害を生じることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 傷の癒合不全を生じることがあります。
  • 痛みが続くことがあります。
  • 亀頭痛が続くことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 術後血糖が上昇することがあります。

糖尿病性包茎の手術ビフォーアフター写真

23歳、独身。糖尿病性包茎の症例写真

症例経過

糖尿病性の包茎症例です。糖尿病を発症後、包皮に痒みを生じ、炎症を繰り返すようになりました。排尿時や入浴の際に沁みて痛みが強くなりましたが、耐えながら過ごしていました。次第に包皮が剥けなくなり、洗浄が困難になったために、包茎手術を決心して仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、包皮は炎症を起こして亀裂が入り、包皮孔が収縮して剥けない状態になっていました。包茎手術が必要と考えられ、炎症および裂傷の部位を切除しました。亀頭が露出して衛生状態が保たれるようになりました。

症例解説

糖尿病はインスリン分泌の低下や、インスリンに対する反応性の悪化が原因で発症する疾患です。血液中の糖が高くなり、尿に糖が排出されます。末梢の血流が不良になるために、陰茎部の包皮に炎症や亀裂が起こり易くなります。一度治っても、繰り返す場合には包茎手術が必要になります。炎症が進行すると包皮裂傷や包皮硬化が起こり、手術の難易度が高くなるために、早めの治療が勧められます。糖尿病性の包茎手術は、細菌感染のデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

45歳、独身。糖尿病性包茎の症例写真

症例経過

会社の健康診断で糖尿病であることを知った症例です。特に症状がなかったため、自己判断で放置した結果、糖尿病が悪化してしまいました。糖尿病の進行と伴に包皮が剥け難くなり、排尿時に痛みを感じ、包皮が下着に触れるだけでも痛むようになって、我慢できなくなったので、包茎手術を検討されて御来院いただきました。診察したところ、包皮に炎症が見られ、包皮と亀頭の一部が癒着していました。包茎手術が必要であると判断し、亀頭部癒着剥離をした上で、余剰包皮を切除しました。亀頭が露出して糖尿病性包茎が改善されました。

症例解説

症状がないという理由で、糖尿病を放置すると、細菌に対する抵抗力が低下し、亀頭や包皮の炎症を繰り返すことがあります。亀頭と包皮が癒着したり、包皮が硬くなって剥け難くなったりすることもあります。このような場合には、包茎手術が必要となります。血糖のコントロールがなされていない場合には、手術によるリスクが高くなるために、手術を引き受けてもらえないこともあり、早めの治療をお勧めしています。糖尿病性包茎では、亀頭部が過敏になっていることがあるため、露出時の不快感、痛みを感じるなどのデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

31歳、既婚。糖尿病性包茎の症例写真

症例経過

糖尿病性包茎のため、包皮に亀裂や締め付けが生じた症例です。近医を受診して軟膏と内服薬を処方されましたが、治る気配がなく状態は、徐々に悪化していきました。包茎手術を考えるようになり、近医に相談したところ、血糖がコントロールされてからではないと、包茎手術は行えないとの説明を受けたため、手術を行ってくれるクリニックを探して御相談いただきました。診察したところ、包皮孔は、亀裂を起こし柔軟性が失われて、硬くなり、狭く剥けにくい状態でした。包茎手術が必要と考えられ、硬化した余剰包皮を切除することにより、亀裂や締め付けが改善しました。

症例解説

糖尿病では、末梢循環不全による血流不全のために、さまざまな合併症が起こります。皮膚の柔軟性が低下し、包皮の亀裂や裂け目が生じやすくなります。軽症であれば塗り薬で症状を改善させることができますが、糖尿病の進行と伴に、裂傷の治りが遅くなり、慢性化することもあります。糖尿病が進行していると、傷の治りが悪く、細菌感染にかかり易くなるため、包茎手術を引き受けてもらえないこともあります。症状が進行する前に早期治療を行うことをお勧めしています。糖尿病性包茎では、手術後の完治まで期間を要するなどのデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。