仙台で包茎手術を受けたい
包茎手術なら仙台中央クリニック / 022-724-1501 / 完全予約制 個室対応 09:30~20:00

埋没陰茎の手術

埋没陰茎に対する包茎手術は
仙台中央クリニックへ

埋没陰茎とは

埋没陰茎は、下腹部に陰茎が埋まって、陰茎が短く見える、または全く消失している状態を言います。一般的に、陰茎の一部は、体内に埋没していますが、埋まっている部分が長い状態のことを言います。陰茎が埋没している方は外側に出ていないだけで、体内にはきちんと陰茎が隠れていますので、機能的には問題がありませんが、美容的に見栄えが悪く、衛生管理が不良になるために、治療を考える方が多数いらっしゃいます。

埋没陰茎の治療

体内に埋もれている陰茎の長さは、個人差はありますが、それを手術によって体外に出すことが可能です。外に引き出すことにより埋没陰茎は解消されます。一般的には、長茎術により、陰茎靭帯の緩みを補強して、埋もれた陰茎を外に出します。下腹部の皮下脂肪が多い為に、陰茎が埋没している状態の場合は、恥骨部脂肪吸引が必要になります。

長茎術

陰茎を支えている陰茎堤靭帯が緩むと、陰茎は下腹部に埋没しやすくなります。肥満体質の場合は、腹圧が強いために靭帯が緩みやすく、埋没が強くなります。体内に引き込まれている陰茎をスライドさせ外側に引き出し、靭帯を補強する手術が、長茎手術です。陰茎が引き込まれなくなるために、陰茎が長く見え、切除する余剰包皮の量を少なくすることができます。

恥骨部脂肪吸引

下腹部に脂肪が貯留し、陰茎が埋もれることにより埋没陰茎となっている場合は、貯留した脂肪を除去する必要があります。下腹部の脂肪吸引によって脂肪を取り除き、埋没状態の陰茎を正常な位置に戻します。脂肪吸引により下腹部周囲の脂肪が減り、埋没して隠れていた陰茎が延長したように見えます。

高度肥満に対する埋没修正

高度肥満の場合は、陰茎が下腹部にほとんど入り込んで、陰茎の形がなくなることがあります。しかし、脂肪吸引と長茎手術を組み合させて行うことにより、陰茎を露出した状態に改善することができます。修正手術の難易度は高くなるため、治療を引き受けてくれる医師は少なくなります。

埋没陰茎手術ビフォーアフター写真

22歳、未婚。埋没陰茎の症例写真

症例経過

就職が決まり実家住まいから寮生活をすることになった症例です。社員寮に入寮して、同期と集団生活することになりますが、入浴は共同で、時間帯も決められていました。他の入寮者に包茎を知られる可能性が高いので、ばれる前に包茎手術を受けておこうと思い御相談いただきました。診察したところ陰茎が下腹部に埋没した埋没陰茎でした。陰茎堤靭帯を補強することにより埋没陰茎を修正し、余剰包皮を切除して、亀頭を露出させました。

症例解説

進学や就職の際に、包茎によるお問い合わせをいただきます。寮生活や社員旅行など、入浴を共にする機会が増えます。包茎が周囲に知られるのではと、行動が消極的になる可能性があり、包茎手術を受けて、すっきりした気持ちで新生活を迎えたいと望まれます。埋没陰茎は、下腹部に引き込まれるタイプの陰茎で、美容的に見栄えが悪いのと、衛生的にトラブルが起こり易いために手術を希望される方が多くいらっしゃいます。治療により、衛生状態が良くなり生活の質が向上します。埋没陰茎は、術後突っ張り感が続くリスクやデメリットを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

44歳、未婚。埋没陰茎の症例写真

症例経過

陰茎が下腹部に引き込まれ、清潔に保てないので包茎手術を希望した症例です。常に剥いた状態を保とうと、心がけていましたが、すぐに被りが戻っていました。自己努力では、根本的な解決には至らないと考え、包茎手術を決意され、御来院いただきました。診察したところ、陰茎が下腹部に引き込まれた埋没陰茎で、剥け難い包茎の状態でした。埋没した陰茎を引き出し、余剰包皮を切除して衛生状態を保てるように、亀頭を露出させました。

症例解説

埋没陰茎は、亀頭を露出させた状態に保つことが難しく、恥垢がたまり不衛生になり易くなります。包皮に覆われることでジメジメと蒸れ、臭いを発します。適切な処置を行えば、亀頭を露出した状態をキープすることができ、見た目もスッキリします。埋没陰茎は、術後の細菌感染などデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

25歳、未婚。埋没陰茎の症例写真

症例経過

体重の増加により、包茎の状態が強くなってきた症例です。以前から包皮が被ることがありましたが、何とか露出することが出来ていました。しかし体重の増加と伴に、陰茎が埋もれるようになり、剥けづらくなりました。その状態を不快に思うようになって包茎手術を受けようと決意し、仙台中央クリニックに御来院いただきました。診察したところ脂肪により陰茎が下腹部に埋もれて、亀頭が露出し難い状態でした。余剰包皮を切除して、陰茎堤靭帯を固定し、埋没している陰茎を引き出し、亀頭を露出しました。

症例解説

埋没陰茎とは、下腹部に陰茎が埋もれて、短く見えてしまう状態です。肥満や体重増加により症状が強くなります。埋没陰茎は、余剰包皮の切除だけでは包茎が改善しないことがあり、陰茎堤靭帯を補強して、陰茎を引き出す必要があります。陰茎を引き出すことにより、亀頭が露出されます。埋没陰茎は細菌感染のデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。