仙台で包茎手術を受けたい
包茎手術なら仙台中央クリニック / 022-724-1501 / 完全予約制 個室対応 09:30~20:00

亀頭増大

亀頭増大は仙台中央
クリニックに御相談ください

亀頭増大とは

亀頭増大とは、亀頭が小さく未成熟な状態を増大させる治療です。亀頭に組織充填材や自己脂肪を注入して拡大させます。亀頭の重量感が増し美容的に改善します。包茎の場合、亀頭が未成熟になることが多く、同時に包茎治療を行うこともあります。

亀頭増大で先細りを改善

亀頭が小さいと、先細りといわれる陰茎になり、美容的に劣ります。亀頭増大により、先細りが改善されます。注入すべき適正量は元のサイズや状態によって異なります。注入量が多ければその分だけ大きくなります。亀頭のボリュームは男の自信に繋がります。

亀頭増大でハリを出す

年齢と伴に、亀頭は小さくなる傾向があります。年齢と伴に亀頭が小さくなった、若いころのような張りがなくなった、というお悩みを中高年の方からいただいています。亀頭増大を行うことにより、男性器の若返りが可能です。

亀頭増大の安全性

亀頭増大の充填物として主にヒアルロン酸や自己脂肪が用いられています。ヒアルロン酸は、もともと人間の体内にある物質で、人体組織との親和性が高く安心です。しかし更なる増大効果を期待して、新素材も開発されています。開発された新素材の中には、発癌性が疑問視されていて、安全性が保障されていないものがあります。安全性を考慮するということであれば、従来のヒアルロン酸や自己脂肪が良いと考えられます。

亀頭増大で包茎を改善させる

亀頭増大を行うことで、軽度の包茎状態を改善させることが出来ます。亀頭増大により、亀頭の張り出しが増し、包皮の引っ掛かりが強くなるため、包皮が戻り難く、亀頭が露出した状態を維持し易くなります。亀頭増大は、包茎を改善させたいが、メスをいれたくないと言う方に適応する治療法です。

亀頭増大で変形

注入物が均一にならずに変形したり、いびつな形になったりすることがあります。また部分的に壊死し、欠損することもあります。亀頭増大は注入する深度を考慮して、細心の注意を払って行う必要があります。亀頭増大は担当医により差が出ることがありますので、きちんとカウンセリングを受けて治療に臨む必要があります。

亀頭増大のリスクやデメリット

  • 頭に内出血を認めることがあります。
  • 亀頭に発赤や腫脹を生じることがあります。
  • 亀頭表面に凹凸を生じることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 血流障害のリスクがあります。
  • 患部の痛みを伴うことがあります。
  • 手術当日はアルコールを控えてください。
  • 当日のシャワーは控えてください。
  • 性行為は1週間できません。

亀頭増大ビフォーアフター症例写真

48歳、既婚。亀頭増大

症例経過

包茎が気になり亀頭増大を希望された症例です。メスを使う治療には抵抗があり、亀頭増大だけで剥き癖をつけたいと御依頼を頂きました。診察したところ、亀頭の先細りが強く、包皮が亀頭に被りやすくなっていました。亀頭にヒアルロン酸を注入しボリュームを出しました。張り出しが大きくなって、包皮が被らないようになったので、亀頭を露出することが出来ました。

症例解説

包皮が被るのが気になるけど、切る治療には抵抗があるという方は亀頭増大がお勧めです。亀頭増大により、亀頭がストッパーの役割を果たし、包皮が被り難くなります。治療は短時間で終了し、ダウンタイムが短いので人気がある治療です。亀頭増大手術は内出血や腫れのリスクやデメリットを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

44歳、既婚。包茎手術、埋没陰茎修正、亀頭増大

症例経過

短小包茎、先細り陰茎が気になっていた症例です。また性機能のパワーアップのために亀頭増大を望まれていました。診察したところ、埋没陰茎であると伴に、亀頭が未発達で過敏性が強い状態でした。埋没陰茎および包茎を治療し、亀頭にヒアルロン酸を注入しました。短小包茎が改善され、亀頭のボリュームが出て、自信に繋がりました。

症例解説

亀頭増大は、強くハリのある亀頭を望む方の悩みを解決することができる治療です。未成熟な亀頭に対する治療として行われています。同時に包茎が認められる場合にはそれに対する治療もおこなわれることがあります。治療は1日で可能ですので、コンプレックスも同時に解消することが出来ます。亀頭増大手術は術後の細菌感染を起こし化膿するリスクやデメリットを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

42歳、未婚。亀頭増大

症例経過

先細り陰茎で美容的に劣るということから、亀頭増大を希望した症例です。友人と温泉に行く場合や、急な病気やゲガでの入院に備え美容面での改善を望まれました。診察したところ、包茎の状態で、亀頭の先細りが認められました。メスを使った治療は希望しないということで、亀頭増大のみを行いました。亀頭増大でサイズアップして、包茎の被りも軽減されました。美容的に改善したとことで、精神的にも余裕が出来ました。

症例解説

温泉や、入院で介助を受けるとき、小さい亀頭を見られるのが恥ずかしいと考える方は多くいらっしゃいます。亀頭増大で太さや、大きさを改善させることができます。美容的に良くなりケガや病気で入院した時に介助や介護を受ける際など、人前でも自信をもつことができます。亀頭増大手術は注入部に凸凹を生じるリスクやデメリットを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。