仙台で包茎手術を受けたい
包茎手術なら仙台中央クリニック / 022-724-1501 / 完全予約制 個室対応 09:30~20:00

仮性包茎の手術

仮性包茎に対する包茎手術は
仙台中央クリニックへ

仮性包茎は手術したほうがいいですか

仮性包茎は他の包茎と比べて、大きなトラブルになることが少なく、衛生的に気を付けて過ごしていれば包茎手術は必要ではありせん。そのまま様子をみる方もいます。しかし、包茎が日常生活において支障になる場合は、包茎手術を希望する方が多くいらっしゃいます。

仮性包茎を手術する理由

仮性包茎で悩んでいる方で、衛生面を気にされる方が多くいらっしゃいます。衛生状態が悪化することで、日々の生活に影響が出るために、積極的に包茎手術が必要となるケースもあります。包茎では包皮内にカスがたまりやすく、臭いの原因になったり、炎症を引き起こしたりします。悪臭がひどい、包皮内の洗浄が上手くいかないなどの場合は、包茎手術を考えたほうがよいでしょう。また炎症を繰り返す、痛みがあるなどの場合は、積極的に包茎手術を考えることをお勧めしています。亀頭が露出することによって垢やカスなどがたまりにくくなり雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。

仮性包茎であることが恥ずかしい

包茎であることが恥ずかしく、大きなコンプレックスを抱いている方もいらっしゃいます。公衆浴場に足を運べない、他人に見られることへの抵抗感がある、男性としての自信を喪失し恋愛に対して積極的になれないという方がいます。

仮性包茎による見た目の問題

仮性包茎で、見た目を気にするために、包茎手術に踏み切る方が多くいらっしゃいます。包茎は、成長していないという悪いイメージが付き纏います。その悪いイメージを払拭することで、気持ちが楽になったといわれることが多く、包茎手術は有益な治療になります。仮性包茎を治すことで、見た目が良くなることはもちろん、精神面での改善が喜ばれています。何事にも積極的に取り組むことができるようになった、性格的に明るく外交的になった、仕事面で自信が出てリーダーシップをとれるようになったという方もいらっしゃいます。

仮性包茎に対する包茎手術

美容的に行われる仮性包茎手術は、傷跡が綺麗で、自然に仕上がります。審美的な面で優れますので、コンプレックスを解消し、自信を回復することができます。仮性包茎により衛生面での障害や、精神的なストレスを抱えている場合には、専門クリニックに相談されることをお勧めします。

仮性包茎の治療のリスクやデメリット

  • 内出血を生じることがあります。
  • 血腫を認めることがあります。
  • 陰茎や亀頭の知覚障害を生じることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 痛みが続くことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。

仮性包茎の手術ビフォーアフター症例写真

34歳、既婚。仮性包茎の症例写真

症例経過

包茎の見た目に対しコンプレックスを感じていた症例です。被りやすく剥いてもすぐに戻ってしまうので、特に温泉などで、堂々としていることが出来ずに、自信がなく、恥ずかしく思っていました。見た目の悪さを改善しようと包茎治療を決意して、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、余剰包皮が多い仮性包茎の状態でした。包茎手術では、余剰包皮を計測切除して、亀頭が露出するようにしました。

症例解説

温泉や旅行での入浴が悩みという御相談を多くいただいています。自信がなく、堂々としていることが出来ない、恥ずかしくて前を隠してしまうという声を聞きます。他人と、自分を比較して、どうしても引け目を感じてしまうようです。コンプレックスを感じているということであれば、その解消のためにカウンセリングを受けて見るのがよいと思われます。20分程度の比較的短時間の治療により改善させることが出来、日常生活の質が向上します。包茎手術には、出血や血腫を生じるデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

26歳、独身。仮性包茎の症例写真

症例経過

包皮の長い包茎に対して、どうしていいか分からず、悩んでいた症例です。出来ることなら、きちんと治療したいと考え、インターネットで包茎の情報を集め、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ余剰包皮が長く、被りが多いタイプの包茎でした。余剰包皮を計測し適切に切除して、亀頭を露出させました。

症例解説

包茎であっても自分で包皮を剥くことができ、容易に亀頭を露出させることができるのであれば、包茎手術は必要ありません。しかし、余剰包皮が長く、簡単に亀頭を露出できない場合には、包茎治療をお勧めすることがあります。余剰包皮が長いと衛生管理が行き届かないことが多く、また包皮が引っ掛かり循環障害を引きおこすリスクを抱えているからです。特に、剥いたままにしていると、包皮が腫れる場合には、早めの包茎手術をおすすめします。多くの場合、包茎手術は1回の治療で終了し、比較的短時間でコンプレックスが改善されます。包茎手術は、術後腫れ続くデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。