仙台で包茎手術を受けたい
包茎手術なら仙台中央クリニック / 022-724-1501 / 完全予約制 個室対応 09:30~20:00

カントン包茎の手術

カントン包茎に対する包茎手術は
仙台中央クリニックへ

カントン包茎とは

カントン包茎は、絞扼が強い状態の包茎を言います。陰茎が絞扼輪に締め付けられることにより、痛みや浮腫みが生じます。

カントン包茎の治療

カントン包茎の原因は、包皮口の狭窄です。この狭窄を切除することがカントン包茎の治療ということになります。狭窄をすべて切除することによりカントン症状は改善します。狭窄がとり切れていないとカントン症状が残ります。

カントン包茎の手術の必要性

カントン包茎には狭窄の程度により軽度から重度の症状が出現します。軽度の場合は放置されている場合もありますが、多くの場合で包茎手術が必要になります。包皮を剥いたとき、亀頭下部が締め付けられて痛みを伴う状態は、包皮口が狭く正常とはいえません。早めに包茎手術をすることが望まれます。なにかの拍子で一気に包皮が剥け、そのまま長時間放置すると、元の状態に戻らなくなります。陰茎全体の血流が悪くなり、鬱血するケースもあります。中には緊急手術により処置が必要になることもありますので注意が必要です。危険な状態に陥る場合があるため、早めの治療をお勧めします。

カントン包茎の手術

カントン包茎手術では余剰包皮の切除と包皮狭窄の除去が必要です。余剰包皮の切除のみで包皮の締め付けを残したままにすると、勃起する度に強く締め付けられ、陰茎に痛みを伴います。包皮口の狭窄が残ってしまうと、小帯が大きく腫れる原因となるために注意が必要です。安易な手術によりトラブルが発生しています。手術を行う際には慎重を期してください。

カントン包茎の治療のリスクやデメリット

  • 内出血を認めることがあります。
  • 血腫を生じることがあります。
  • 陰茎や亀頭の知覚障害を生じることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 痛みが続くことがあります。
  • 亀頭痛が続くことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。

カントン包茎の手術ビフォーアフター写真

45歳、未婚。カントン包茎の症例写真

症例経過

なんとか剥けるものの、締め付けがきつく痛みを伴う状態であった症例です。無理して性行為を行った時に、包皮が切れて出血し、腫れて戻らなくなったことがあり、それ以来、性行為に不安を感じ、女性に対して消極的になり、婚期を逃してきました。40代の中盤に達し、自分の半生を顧みて、自分を変えたいと思うようになり、包茎手術を決意して、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、包皮輪狭窄が強く、陰茎が埋没した状態の包茎でした。陰茎堤靭帯を補強固定することにより、埋没していた陰茎を引き出し、更に包皮の狭窄を切除し、亀頭を露出させました。

症例解説

包皮に狭窄があると、性行為の際に、激しい痛みを伴うことや、包皮が裂けて出血することがあります。包皮に亀裂が入り易く、裂けた傷から細菌感染を発症し、真性包茎に進行することもあります。性行為に関連するトラブルは、誰にも相談できず、男としての自信を失い易いため、早期の治療をおすすめしています。専門医に相談されてください。包茎手術は術後出血を伴うデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

25歳、未婚。カントン包茎、カントン腫大の症例写真

症例経過

包皮の絞扼輪があり亀頭を露出することが困難で、自分では剥かないようにしていた症例です。性行為の際に、思わぬ力が加わり無理に剥けてしまい、痛みや包皮の腫れが起こり、改善しなくなりました。自己修復の方法を、インターネットで検索して実行してみましたが、触れるだけで激痛が走り、元に戻すことが出来なくなったため、どうしていいか困り果てて、仙台中央クリニックに御連絡いただきました。診察したところ、カントン腫大の状態で、陰茎は絞扼を起こし、包皮は強く腫れていました。包茎手術を行い、余剰包皮と絞扼輪を切除し、亀頭は正常に露出され、痛みや腫れは改善しました。

症例解説

包皮に強い狭窄がある場合、無理に亀頭を露出させると、包皮が陰茎を強く締め付け、亀頭や包皮が腫れてしまうことがあります。激痛のために自己整復は困難で、長時間放置すると、亀頭や陰茎が、うっ血し、壊死する可能性があります。速やかに医療機関を受診する必要があります。包皮輪に狭窄がある場合は、カントン腫大を起こし易い状態であるため、予防的に手術をすることを、お勧めしています。包茎手術は、出血や腫れなどのデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。

20歳、未婚。カントン包茎の症例写真

症例経過

包皮を強引に剥くことは可能であり、少しずつ剥くように訓練していた症例です。亀頭が露出すると、嬉しさと達成感があり、痛みがあったものの、いずれは剥けると信じ、剥くようにしていました。しかしいつまでたっても進歩することはなく、逆に痛みや腫れが強くなる傾向が認められ、自己判断に対し恐怖を感じ、手術を受けることを決意して仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、重度の包皮輪狭窄症が認められました。今後、包皮孔の広がりが期待できる可能性が低いと考えられ、手術により余剰包皮を切除して亀頭を露出させました。亀頭が露出されるようになり、生活が快適になりました。

症例解説

平常時は何とか包皮を剥くことができるものの、勃起時に亀頭が締めつけられる感覚がある場合や、締めつけられて痛い場合は、カントン包茎と言えます。この状態で無理に包皮を剥こうとすると、包皮孔が亀頭の根元を締めつけて血流が滞り、亀頭が膨れて包皮が元に戻らなくなることがあります。この状態になると緊急の整復処置が必要になります。自己判断で改善させようと試みることは危険です。医療機関を受診してください。包茎手術は痛みや腫れのデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。手術前に十分説明を受けてください。